スポンサードリンク

BBQ好きの男の脳から10センチの寄生虫を摘出

サナダムシ
スポンサードリンク

中国に住む26歳の男性の脳内から、体長10センチもある生きた条虫(サナダムシ)が発見された。男性はここ最近てんかんの発作に悩まされており、検査をうけたところ寄生虫に感染していることが発覚。

男性を担当した医師は「条虫を取り出した時、まだ生きていました。体は乳白色で弾力があり、脳の中を泳ぐことができたようです」と述べており、感染源については「男性はBBQが好きでよく食べていたようです。生肉などの食材をよく調理しなかったか、すでに汚染されていた水などを飲んだ結果、寄生虫感染した可能性が非常に高い」と明かした。

幼虫が血管に入ることなどあり得るのだろうか?

上海の神経医療センター長であるGuo Hui氏はマンソン裂頭条虫について次のように語る。

この条虫は汚染された水を飲んだり、生肉やシーフードを不完全な調理で食べたりする習慣がある地域での感染がよく見られます。人間の体内に摂取された幼虫や卵は、血液を通して脳や肺などの臓器に運ばれます。脳に流れ込んでいる血液量は全体の約4分の1にもなりますから、条虫が脳に留まったとしても全く不思議ではありません。脳に潜伏した条虫は、てんかん、頭痛、吐き気、出血など様々な症状を引き起こします。

マンソン裂頭条虫の幼虫は大きいものでも体長30cmほどだが、成虫になると60~100cmにもなる。感染しても自覚症状がなく、体内で20年も生存していたケースも報告されているようだ。

生肉や刺身で寄生虫が体内に入る例は多い

生肉や刺身好きが高じて、寄生虫が体内で発見されることは珍しくない。昨年夏には台湾で、8歳少女の体内から長さ260センチの寄生虫が、2016年には中国で38歳の男性から620センチものサナダムシが見つかっている。

寄生虫からBBQを守る方法

上海の神経医療センター長であるGuo Huiが伝える通り、汚染された水を飲んだり、生肉やシーフードを不完全な調理で食べたりする習慣がある地域での感染がよく見られることから、下記のポイントを抑えれば心配ない。皆さんは寄生虫を怖がらず、しっかり火を通してBBQを楽しみましょうね!

  • 汚染された水を飲まない。古くなった飲料水、ドリンクは捨てよう。
  • 生肉やシーフードは充分火を通して食べること。

どれも当たり前のことだけど、ステーキのレアをどう見れば良いか気になるところ。レアファンは、信頼あるお店であるか確かめた方がよさそうだ。

広告

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です