スポンサードリンク

黒毛和牛のうま味を楽しむ うるま農場 焼肉仙蔵 うるま市石川

スポンサードリンク

石川ICから車で5分、農園見学や動物とのふれ合いなどができる体験型観光農園として昨年5月にオープンした「うるま農場」。その敷地内にある「焼肉仙蔵」には、七輪の炭火で焼きあげる厳選黒毛和牛の上質な味わいを求め、県内外各地からお客さまが訪れます。

カルビかロースが選べる「炭火焼肉御膳」(1620円/写真はロース)は、ランチタイムでの一番人気メニュー。驚くべきはこの圧倒的な肉の「サシ」。脂の融点が低く、頬張った瞬間口いっぱいにうま味がジュワーと広がりますが、サラサラとして全くしつこくありません。


うるま農場では「食」と「体験」が一度に堪能できます

ロースは、かんでなくなってしまうのが惜しいほどの柔らかさ。肉本来の味わいが楽しめます。カルビは、柔らかさを通り越して「溶ける」という表現がぴったりです。

黒毛和牛がこの値段で食べられるのはうれしいところ。

「食後には、農場産や県産の素材にこだわったウルマファームジェラートをお召し上がりください」と話す店長の島清志さん。緑に囲まれた金武湾を見おろす素晴らしい眺望の中で、ぜいたくな時間をお楽しみください。

(2018年1月25日付 週刊レキオ掲載

広告

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です